【疑問スッキリ!!OEMとは、】アパレル業界のOEMについて

今回のコラムでは、OEMとは?具体的にはどういう形態なのか?また、アパレル業界でのOEMの捉え方はどうなのか?などを解説していきたいと思います。
こんかいのコラムでは、ODMやPB・NBなどの違い、生産会社活用のメリット・デメリットなどについても解説したいと思います。

目次

OEMとは?
ODMとは?
PBとは?
アパレルOEM生産会社活用のメリット
アパレルOEM生産会社活用のデメリット
最後に(まとめ)

OEMとは?

 OEMとは、ご存知のように英語でOriginal Equipment Manufacturingで、メーカーが他社ブランドの製品を製造することです。弊社の本業はまさしくお客様のアパレルブランドを作成するアパレルOEMメーカーです。
 メーカーが他社のブランドを製造するOEMにも2通りがあります。一つの形態としては、ブランドを持つアパレル企業さんが企画・商品設計した商品を、他のメーカーに依頼して製造する形態です。もう一つの形態は、メーカーが商品を企画してブランドをもつ企業に提案する形態です。
 アパレル業界の場合は、アパレルブランドを持つアパレル企業さんが、自社生産工場を持っているケースは少ないのでちょっと一般的なOEMとは雰囲気が違うような気がします。

🔴アパレルOEM・ODMのご相談なら、
👇👇👇👇👇

ODMとは?

 一方、ODMとは英語でOriginal Dwsign Manufacturingで、メーカーが委託生産を受けるだけでなく、企画・商品設計までを担うことです。
 しかし、OEMのところでも触れましたが、特に日本のアパレル業界の場合は、糸を作る会社・糸を生地にする会社・生地を染色する会社・生地を縫製する会社・アパレル会社・流通と工程別に別々の会社が作業分担(関連記事はこちら、)しているためOEM・OEMの違いが明確にできないのが実態と言えるでしょう。
 例えば、ユニクロさんは自社工場は持たないので他社にOEM生産を依頼していると言えるでしょう。

🔴アパレルOEM・ODMのご相談なら、
👇👇👇👇👇

PBとは?

 

 OEMもODMも商品作りのどの部分をメーカーが担っているかという話ですが、ここでは最近よく耳にするPBについて解説したいと思います。
 PBとは、英語でPrivate Brandで、メーカーに製造を委託した商品に、販売業者や流通業者がつけた自社ブランドのことです。
 例えば、セブン&アイホールディングさんでは「セブンプレミアム」イオンさんの「トップバリュー」などが代表的なPBです。
 このPBに相対するものに、NBがあります。英語でNational Brandで、アパレルメーカーさん自らが商品につけたブランドのことで、車でいうと「アルファード」、「カローラ」や、アパレル業界で言うと、「アディダス」「バーバリー」やインナーでいうと「ブロス」などです。
 GMS(総合スーパー)では、PBだけでの見栄えなども勘案すると店頭が組立できないこともありNBも品揃えしています。また、多くの商品が輸入品のため、現在のような円安下ではコスト的に厳しいPB比率を下げ、在庫リスクも少ないNB比率を上げ、円高下では利益が出やすいPBを増やす傾向があるようです。

🔴アパレルOEM・ODMのご相談なら、
👇👇👇👇👇

アパレルOEM生産会社活用のメリット

 アパレル企業やブランド立ち上げをお考えの方のアパレルOEM生産のメリットは、なんと言っても設備や生産の情報集などが必要ないなどの初期投資が必要ないということです。
 先程も申し上げましたように、アパレルの製造工程は非常に細分化・別会社化・委託加工化されている業界です。また、作るアイテムによって、生地も違い、縫製するときに使うミシンも全く違ったりと、これらの情報を把握するにも非常に労力を要します。
 アパレルOEM生産会社活用のメリットは、素材・縫製・副資材・2次加工の全てを丸投げすることができるということです。自分で色々なメーカーに糸・生地のことや、縫製のミシンのことなどあたっていては時間がいくらあっても足りません。なのでアパレルの生産のことはアパレルOEM生産会社に任せ、企画・販売に集中した方がよりメリットがあります。

🔴アパレルOEM・ODMのご相談なら、
👇👇👇👇👇

アパレルOEM生産会社活用のデメリット

 アパレルOEM生産会社活用のデメリットは、やはりいろいろな作業をアパレルOEM生産会社が請け負うということからコストが若干高くなるということです。ただ仕入れコストが上がっても時間短縮・情報収集・副資材手配・納期管理・品質管理などを全て自分で作業することを考えたら、これがデメリットと言えるかといえばそうではないと思います。 

最後に(まとめ)

 今回のコラムでは、OEM・OEMの概念的なところから、一歩進んでPBとNBというとことまで解説してきました。
よくアパレルOEM・ODMという言葉にこだわる方がいらっしゃいますが、特にアパレル業界では、生産工程が細分化・別会社化していることもありOEMとODMの区分けがつかない業界であることが分かったもらえたと思います。

 手前味噌の話になりますが、アパレル生産のことはOEM・ODM生産会社と名乗っている会社に、相談頂ければ大体は解決すると思います。(正直、得手不得手はあるとおもいますが、)

 今回も最後までコラムを読んで頂きありがとうございました。これからも、アパレル業界の色々についてコラムアップしてまいりますので、引き続き宜しくお願いします。

🔴アパレルOEM・ODMのご相談なら、
👇👇👇👇👇

🔴お問い合わせは公式LINEでも対応しております。
友だち追加して、お気軽にお問い合わせください。
お待ちしております。
👇👇👇👇👇