【重要!!アパレルブランド立ち上げ】海外仕入れ商品活用の注意点!

みなさん、こんにちは!
今回のコラムでは、最近のネットショップの発達によって増加している海外仕入れ商品を活用してアパレルブランドを立ち上げをお考えの方々が注意すべき点について解説していきたいと思います。
とくに、海外商品の仕入れの場合は注意が多いので必見のコラムです。

目次

検品・検針
洗濯絵表示
乳幼児向けアイテム
包装関係
運送費(海外→日本)
まとめ

検品・検針

検品・検針は必ず必要です。海外商品を仕入れする場合はできる限り現地(中国の商品であれば中国で)で検品・検針をすることがベストです。
その理由は、せっかく仕入れした商品に、穴が空いていたり、傷があったり、汚れていたりなどの不良があれば当然販売できず実損になるためです。海外の商品サプライヤーは、ひとたび日本に輸出(日本側バイヤーからみると輸入)してしまった商品に対しては、多くの場合、クレームを受け付けないので、バイヤーが泣き寝入りというのが実情だからです。
なので、現地でしっかり検品し不良品は除外しA品のみを輸入することが肝心です。
また、検針についても現地の信頼のおける検針会社で検針した方がベストと言えます。縫い針などや、他の金属などが混入していては、大変な問題になりますし、縫い針の折れ針の混入は信用問題にもなるためです。欧米向けの商品は、日本ほど針に関する意識も低いようです。
弊社では、中国からの商品仕入れの場合は、現地の会社と契約し検品・検針し合格品のみを日本に輸入します。
🔗検針に関する関連記事はこちら、

🔴🔴アパレル仕入れ商品・OEM生産に関するお問合せは、
👇👇👇👇👇

 

洗濯絵表示

日本で販売するアパレル製品は、洗濯絵表示の取付は法律(家庭用品質表示法)で決まっていることなので、違反すると実名開示などの罰則があるので要注意です。
洗濯絵表示の表示内容は、組成(混率ともいう)・取り扱い表示・表示者名・連絡先・サイズ表記・デメリット表示など表示する内容には細かいルールがあります。これらを適切な内容で表示するには、アパレル製品にどのような繊維が使われて、どのような生地になっているか、洗濯時の条件など細かい情報と知識が必要です。この表示内容を間違ってしまうと、お客様の手元に商品が渡ってから不適切な取り扱い(洗濯方法・干し方)をしてしまい諸々のトラブルが発生してしまうことになります。この洗濯絵表示は、消費者保護の観点もありますので特に気をつける必要があります。
このあたりも弊社では、素材とアパレル製品に沿った内容の洗濯絵表示を提案させて頂きます。
🔗洗濯絵表示に関する関連記事はこちら、

🔴🔴アパレル仕入れ商品・OEM生産に関するお問合せは、
👇👇👇👇👇

乳幼児向けアイテム

生後24ヶ月以下の乳幼児向けのアパレル製品の取り扱いも要注意です。特に直接肌に当たる肌着の取り扱いは要注意というよりも取り扱わないほうが無難かもしれません。サイズ80以上の、肌着以外のものであれば問題は少ないと思います。
この理由は、生後24ヶ月以下の乳幼児向けのアパレル製品は、「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律(家庭用品規制法)で、ホルムアルデヒト(ホルマリン)の規制基準があります。出生後24ヶ月以内の乳幼児用のものは「吸光度差0.05以下または16ppm以下」です。数字だけでは難しいのですが、ホルムアルデヒトは空気中にも遊離しているようなものもあるので、生産現場である工場の空気中に遊離しているホルムアルデヒトの数値を管理したり、アパレル製品を個々ホルムアルデヒトが付かないように袋入し販売するぐらいの管理が必要なぐらいデリーケートなものということを理解して頂ければよいかと思います。

🔴🔴アパレル仕入れ商品・OEM生産に関するお問合せは、
👇👇👇👇👇

包装関係

アパレル製品にブランドタグやバーコードを付けたり、お好みのパッケージにいれるなどの作業も可能な限り現地の検品・検針会社で行うのがベストです(一般的な、検品・検針会社ではタグ付けやパッケージングは行っています)。日本に輸入してからは即発送できるぐらいの体制で、アパレル製品を輸入しないと、アパレル製品販売当初は数も少量なので自分で対応は可能と思いますが、そこそこの数量になり物流業者にタグ付けなどの作業を依頼すると、結構な作業費が掛かりますのでコストダウンのためにもアパレル製品仕入れの当初から実施するべきと思います。
弊社は、検品・検針・包装まで一気通貫で管理致しますし、タグなどの作成も行いますのでお任せ下さい。

🔴🔴アパレル仕入れ商品・OEM生産に関するお問合せは、
👇👇👇👇👇

運送費(海外→日本)

 

アパレル製品の海外仕入れをスタートした当初は数量も小ロットなので輸入する運送手段はクーリエ(Fedx・OCS・AsiaX・Score Japanなど)に限られると思いますが、数量の一つの目処である100kgを超える場合は選択肢が広がります。どのような選択肢かというと、一般的なクーリエはAir便をつかいますが、Ship便を使う会社があります。Air便より3〜4日余分に配送日数が掛かりますがAir便(約¥900/kg)と比較するとShip便は、約¥450/kgと約半額になりますので、これもコストダウンの重要なポイントです。
また、我々が取引ある各会社は特別料金の契約もしていますので、数量に最適な運送手段をご提案できますのでご相談下さい。
🔗運送費に関する関連記事はこちら、

🔴🔴アパレル仕入れ商品・OEM生産に関するお問合せは、
👇👇👇👇👇

まとめ

今回のコラムでは、海外仕入れ商品を活用してアパレルブランドを立ち上げをお考えの方々が注意すべき点について解説しました。これから海外仕入れ商品を活用したいとお考えの方々の、なんらかの参考になれば非常に嬉しいです。
🔗弊社の海外仕入れ商品に関する生地はこちら、

🔴🔴アパレル仕入れ商品・OEM生産に関するお問合せは、
👇👇👇👇👇

今回も最後までコラムを読んで頂き、本当にありがとうございました‼
これからもアパレル業界のいろいろな情報をコラムアップしていきますので宜しくお願いします。
また、これらのコラムを含め弊社ホームページの内容は公式LINEからも見ることができますので、よろしかったら公式LINE友だち追加お願いします。お問合せもLINEで対応致します。
弊社instagramもフォローして頂けるとありがたいです。

🔴🔴公式LINEで友だち追加しLINEでお問い合わせするには、
👇👇👇👇👇

🔴🔴instagramフォローお願いします‼
👇👇👇👇👇