【アパレルトレンド!!】サステナブルコットン「Cotton USA」

みなさん、こんにちは!!
現在、2023年1月20日、明日21日から中国の大行事約2週間春節休暇が始まり、今週辺りから中国の各社が休暇に入って時間ができているのでコラムを連発しています😅。

昨今TVやいろいろな報道、商品でもSDG’sを謳うことが増え、「水・物の移動・労働力・生産量」などを大量に使い環境に負荷をかけているアパレル・繊維業界でもサステナブルということに以前とは違い意識が上がってきていますし、特に若い世代にアパレル製品でもサステナブルな素材を選択する人も増えているということで、今回のコラムでは、サステナブルコットン「Cotton USA」について紹介したいと思います。

  🔴🔴関連項目、「SDGs(Sustainable Development Goaisについて」は、こちらをクリック、
     👇👇👇👇👇
  

目次

Cotton USAとは、
Cotton USAを選ぶ理由、
まとめ

  🔴🔴Cotton USA ウエブサイトは、こちらをクリック、
     👇👇👇👇👇
  

🔴🔴Cotton USAを使用した商品はこちらをクリック、
   👇👇👇👇👇

 

🔴🔴個人の方のアパレル作成の
流れはこちらをクリック

🔴🔴法人・企業の方のアパレル作成の
流れはこちらをクリック

 

 

Cotton USAとは、

Cotton USAとは、サステナブルな綿花生産に努め綿作農家の作業環境改善・農地管理による土壌改善・農業技術向上を目指しているアメリカで生産され、厳格な基準下で管理され、アメリカの環境保護庁(EPA)および労働安全衛生局(OSHA)の管理下で社会的課題(フェアートレード)や労働及び環境などに取り組んだ綿花です。
また、2021年頃からサステナブルな綿花生産に対する基準を定めるU.Sコットン・トラスト・プロトコルが開始され「土壌利用効率」「土壌侵食」「水使用」「エネルギー使用」「温室効果ガス排出」などの削減、「土壌炭素」の増加に具体的な数値目標を設けています

🔴🔴🔴アパレル製品の企画/製造/OEMのご相談は
     👇👇👇👇👇

Cotton USAを選ぶ理由、

1.品質が良い

サステナブルなコットには他にオーガニックコットンがあります。オーガニックコットンの殆どはインドで作られています。インドの綿花栽培はまだまだ機械化が進んでおらず、Cotton USAは完全機械化です。現状、インドの場合は人手で行っているので、糸の中に異物が混入(コンタミネーション)がありますが、Cotton USAにはコンタミがありません

  🔴🔴関連記事、「オーガニックコットンって、普通のコットンと何が違うのか?」は、こちらをクリック、
     👇👇👇👇👇
  

2.コストメリットがある

他のサステナブルコットンであるオーガニックコットンやリサイクルコットンに比べ、生産性も安定しているため一般的な綿糸と同じぐらいの価格でコストメリットがあります。

3.調達が簡単

Cotton USAの綿花は世界中の紡績工場に供給されており非常に調達が簡単です。

4.トレーサビリティーが明確

Cotton USAを謳える糸には、紡績工場(⭐紡績についての関連記事はこちら、)など生産ルートなどトレーサビリティーが明確になっています。

5.安定供給

Cotton USAは、他のサステナブルコットンであるオーガニックコットンやリサイクルコットンなどと比べ生産量も多いので供給がタイトになるようなことがなく安定供給しています。

6.糸のバリエーションが豊富

Cotton USAを使った綿糸は、糸の展開番手(太さ)・糸の紡績方法(リング紡績・オープンエンド紡績/⭐紡績方法に関連する生地はこちら、)などバリエーションが豊富なので、必ずお客様の希望する糸を見つけることが可能です。また、他のサステナブルな素材との組み合わせも可能です。

7.販促物

Cotton USAを管理している協会(日本では一般財団法人日本綿業振興会)のロゴマークを使わないのであれば、アパレル製品に付ける下げ札などのデザインの規制は殆どありませんし、協会のロゴマークを使う場合もデザインのアプルーブが比較的容易です。

8.海洋環境にも優しい

全ての天然繊維にも言えることですが生分解性があり海洋環境にも優しいです。アパレル製品の洗濯時に滑脱した繊維が生活用水として海洋に流れ出しても、ポリエステルやナイロンのような化学繊維のように海中でマイクロプラスチック化することなく水分に溶けて消滅し海洋環境にも優しいです

🔴🔴🔴アパレル製品の企画/製造/OEMのご相談は
     👇👇👇👇

まとめ

今回のコラムでは、アパレルに使用される色々なサステナブルな素材がある中でCotton USAに絞り込んで解説しました。ポリエステルやナイロンなどの化学繊維や他の繊維にもサステナブルなものが登場していますが、綿は1年中使える素材ですし、洗濯などの取り扱いも簡単で、肌着などの直接肌に触れるアイテムからシャツやTシャツなどのアイテムから、コート・ジャケットなどのアウターアイテムまで汎用性が高い素材だからです。
それに加え、現在のサステナブル・SDG’sのブームの中、どれだけ環境負荷を削減しているか不明なサステナブル商品が乱立する中、アメリカでの環境改善に関する数字管理もしっかりされている素材だからです。
このコラムを読んで頂き、少しハードルの高く感じたサステナブルアパレルの作成を、このサステナブルコットンCotton USAを使用することによって、今まで以上に手軽に作成できると感じて頂けたら幸いです。

この度は、最後までコラムを読んで頂きありがとうございました。

Cotton USA
以外のアパレルOEM/ODM生産に関するお問い合わせも受け付けております。お問い合わせは下記からお願い致します。
お待ちしております。

  🔴以下の弊社HP・公式LINE・instagramでも情報公開・お問合せの対応などもしておりますので、
  お気軽にアクセスお願いします。

🔴🔴アパレルOEMのお問い合わせは👆👆

🔴🔴公式LINEでのお問い合わせは👆👆

🔴🔴インスタで情報を見るには👆👆

お問い合わせ

お問い合わせは、お電話にてお問い合せいただくか、下記のメールフォームよりご連絡ください。
お電話、メールによりご対応させていただきます。

メール送信完了後、当サイトよりメールが届きます。
(携帯の場合、メールが受信できるよう、ドメインの受信許可設定をお願いいたします。)

お名前 *
フリガナ *
メールアドレス *

※確認のため2度入力してください。

電話番号
ご住所
郵便番号
都道府県
市区町村
番地、建物名など
製作希望アイテム
数量
お問い合わせ内容 *
確認 *