アパレル商品は繊維で変わる?繊維の魅力を商品に活かすためのポイント

アパレル商品は繊維で変わる?繊維の魅力を商品に活かすためのポイント

アパレル商品を開発する上で重要なのはデザインだけでなく、デザインを最大限に活かすための繊維です。繊維を商品にあったものを選ぶことで、売り上げにも大きな差が出ます。しかし実際、デザインに関してはこだわりがあっても繊維までのこだわりを持っていない方も多いです。

そこで今回はそんなアパレル商品開発に欠かせない、繊維についてご紹介します。

アパレル商品は繊維で変わる

アパレル商品において繊維はとても重要な存在です。健康面でコットン素材でないとダメという方もいらっしゃったりします。丈夫な動きやすい素材をデザインとして考える場合、ナイロン素材を取りいれた方がいい、汗をかきやすいシーズンに販売したいアパレル商品であれば綿素材がいいなど、繊維はそれぞれの特徴があります。繊維の特徴を知って、自分が作りたいアパレル商品にデザインに活かすことができます。

また、同じデザインでも綿とナイロン生地では質感が全く異なります。そのため自分がイメージするアパレル商品のイメージに近い繊維を商品開発では選ぶ必要があります。

綿繊維の魅力とは?

アパレル商品によく使用される綿繊維の魅力についてご紹介していきます。

肌ざわりが気持ちいい

日本に古くからある繊維の1つです。Tシャツなど多くのアパレル商品に使用されています。その理由は肌ざわりがとてもいいということです。肌ざわりが良いため、かゆみが出たりすることも少なく、着心地もいい繊維です。さらっとした感触で汗を吸うので動きやすい服をデザインするときに使いたい繊維です。

染めやすい

繊維によっては色を染み込ませるのが難しく、自分の思うような色を出せない繊維もあります。しかし、綿はとても染めやすい素材のため、自分のデザインに使いたい色のバリエーションがとても多いです。アパレル商品の中で色を強調したいのであれば綿はとてもおすすめの素材です。

水やアルカリ性に強い

アパレル商品で気になるのが色落ちです。せっかく思うような色のアパレル商品が作れても、洗ったときに激しく色落ちしてしまうと、長く着用するのは難しくなります。綿繊維は水やアルカリ性に強いので洗濯機で気軽に洗えるというメリットがあります。市販の洗剤の多くがアルカリ性ですから、アルカリ性に強いメリットがある綿は服などのアパレル商品に多く使用されています。

ポリエステルの魅力とは?

ポリエステル繊維もアパレル商品でよく使われている繊維です。どんな繊維の特徴があるのか、詳しくご紹介していきます。

シワになりにくい

ポリエステルの大きな特徴がシワになりにくいという点です。毎日着るような制服などの服にはポリエステルが多く採用されています。洗濯してもシワになりにくいので毎日のアイロンがけもとても楽になるため、購入する消費者もわざわざポリエステルを選ぶという方も多いです。

プリーツ加工ができる

スカートやズボンなどに入れるプリーツ加工がポリエステル繊維では可能です。雨のときでもプリーツ加工は取れません。洗濯などでもプリーツ加工が落ちないポリエステル繊維は、服のデザインの幅を広げる繊維といえます。プリーツ加工を取り入れたいのであればポリエステル繊維はおすすめです。

美しい光沢感

ポリエステル記事の特徴として知っておいて欲しいのは、美しい光沢感です。ポリエステルは光沢感を出せるのですが、シルクのような高い素材ではありません。そのため、光沢感を出したいけど、原料費をなるべく抑えたいというのにはおすすめの繊維といえます。

繊維コンサルティングを受ける

アパレル商品に多く使われる繊維として代表的な繊維を紹介してきましたが、他にもアパレル商品にはアクリル繊維やナイロン、和紙糸などといった多くの繊維を「オフィス雅」では取り扱っております。アパレル商品を開発していく上では、事前に相談してどの繊維を選ぶかとても難しいです。

しかし、当社では繊維業界で培った経験を駆使して、デザインなどの状況に合わせた適切なアドバイスを行っております。風合いや表面感、機能性全てを考えたご提案をさせていただいております。定番の素材はもちろんのこと、機能素材についても、商品開発をする上で最適なアドバイスをさせていただきます。商品を開発されるときはぜひ、繊維コンサルティングを受けてみてください。

まとめ

アパレル商品を開発する上で重要になってくるのはデザインだけでなく、繊維選びも重要になってきます。繊維は綿繊維であれば汗を吸って肌ざわりがいい、ポリエステルであればプリーツ加工ができたり、シワになりにくかったりといった特徴があります。このように繊維の違いを知った上で繊維を選び、アパレル商品を開発することが重要です。商品を開発するにあたって、繊維の特徴を知った会社に繊維コンサルティングを受けるとよりイメージにあった商品を開発できます。

「オフィス雅」では、商品にあった繊維に関するアドバイスを行なっております。アパレル商品を開発したいと思っている方はお気軽にご相談ください。