1枚の布地が洋服になるまで…アパレル業界の製造工程をチェック

1枚の布地が洋服になるまで…アパレル業界の製造工程をチェック

毎日何気なく着ている洋服ですが、単に布を持ってきてプロが縫い合わせただけというわけではありません。アパレル業界のメーカーは、1着の洋服を作るために、長い時間と手間をかけてようやく製品化しています。

そんなアパレル業界の製造工程に注目してみました。

1年以上前から始まる服作り

一般的にアパレルメーカーの洋服作りは、1年以上前から始まるといわれています。それだけ時間がかかる洋服作りの工程を確認していきましょう。

デザインの完成と素材探し

洋服を作るには何よりデザインが必要になります。どのようなシルエットの洋服を作るのか? デザインが決まらないと何も始まりません。デザインが決定したら、そのデザインを実際の洋服にするために必要な素材探しが始まります。

素材探しは素材を作っているメーカーとの綿密な打ち合わせにより決定します。単に洋服を作りやすいというだけではなく、着た時の着心地や価格、さらに発売時期のトレンド予測なども行いながら、あまたある素材の中からいくつかの素材をピックアップします。

最初の素材探しでいきなり素材が決まるケースは稀で、いくつかの候補を基にサンプル品を制作し、さらに検討を重ねた上で最終的に素材が決まるわけです。

デザインを縫製仕様書に落とし込む

デザイナーが描いたデザイン画を見て、いきなり制作現場が洋服を仕立てるわけではありません。デザイナーのデザイン画を、実際に縫製できるようにし要所に落とし込む必要があります。

この落とし込みを行うのがパタンナーと呼ばれるスタッフです。パタンナーはデザイン画と素材を確認し、どのようなサイズの素材をどのように裁断し、どのように縫い合わせれば実際に洋服になるかということを考え、仕様書に落とし込むわけです。

サンプルの制作

サンプル制作用の素材と、パタンナーが作った裁断仕様書が揃って、初めて洋服づくりが始まります。もちろんいきなり製品の制作ではなく、まずはサンプル品の制作ということになります。

サンプル品は素材違いのものはもちろん、パタンナーが仕様書を複数作成した場合、仕様書ごとに作ることになります。でき上がったサンプル品を、メーカーの各部署の担当者が確認。どの素材にするか、どの仕様書にするか、そして修正箇所などを洗い出します。

洋服が店頭に並ぶまで

デザインが決まり、素材が決まり、試作を繰り返すことで洋服は製品として仕上がっていきます。しかし、それだけでは洋服は完成したとは言い切れません。サンプルの制作から店頭に並ぶまでの工程をみていきましょう。

サンプル制作は複数回繰り返される

アパレル業界で新製品を作り出す場合、サンプルの制作が1度だけということはほぼありません。何度もサンプルの制作を繰り返し、そのたびに細かな修正点を洗い出します。具体的に何回サンプル品を作る、ということに決まりはありません。あくまでも製品になるまで繰り返されます。

サンプル品の制作過程で、発売時のトレンド予測が修正された場合、サンプル品の制作自体がやり直されるなどということもあるようです。

完成した新製品を売り込む

洋服の製造工程において、洋服の売り込みが入るのは不自然なように思われるかもしれませんが、この後の工程を考えると解説しておくべきでしょう。新製品が完成すると、今度は小売店のバイヤーなどに新製品の売り込みを行います。

売り込みの結果、どの程度の価格帯で、どの程度の数を、いつまでに製造するかが決まります。いわゆる製造計画がハッキリと形になるわけです。この計画を基に、製造現場はどの工程をどの工場でいつから行うかを決定します。

現在多くの洋服は、海外の工場を利用して作っています。どの工場でどの工程を行うかを決めるのも重要な製造工程ということになります。もちろん各工場の技術力という点が判断材料になりますが、他に完成までの経路なども考慮に入れて、最終決定がなされるわけです。

アパレルの製造工程は完全分業制

製造工程の最初から振り返ってみると、アパレル業界で製品を作る場合、各工程で完全に分業制が成り立っていることが分かります。

最初の素材は素材メーカーが製作します。場合によっては染色のみ染色専門のメーカーに依頼する場合もあります。売り出すブランドはデザインや仕様書の作成が作業の中心です。縫製に関しては、自社で行うブランドもありますが、多くの場合縫製メーカーやOEMを利用するのが中心になっています。

こうして多くの業者や技術者が役割を担当し、ようやく洋服は店頭に並ぶことになるわけです。

まとめ

私たち「オフィス雅」は製品の製造はもちろん、企画や販売まで徹底してサポートを行うことを心がけています。確かに製造の部分だけを担当することも可能ですが、求められればどの段階でもサポートを行うことが可能です。

商品企画から販売まで携わることで、製造した製品への愛着も深まり、より良い結果が出るように努力することが可能です。「オフィス雅」は関連したすべてのアパレル製品に愛着を持つことで、より厳しく品質管理を行い、より良い製品を作り出すよう努力をしています。

新製品の開発や、製造に関するパートナーをお探しの方は、ぜひ一度ご相談ください。どの製造工程であっても、本気で取り組み、より良い結果を出すために全力で協力させていただきます。